しじみの意外な効果⁉

Home

アルコールの解毒作用とオルニチンの働きについて

人間の臓器の中でも重要な役割を行う肝臓は外から入ってきたアルコールや有害物質、栄養代謝などを解毒、分解する役割を行う臓器です。とても大切な役割を担う臓器ですが損傷が行われていてもなかなか症状として現れにくいため日ごろのケアがもっとも大切な臓器でもあります。

肝臓の働きをサポートし肝機能の改善へと促してくれる成分として注目されているオルニチンはシジミに多く含まれています。

アルコールの過剰摂取により2日酔いになり翌日まで引きずるといった経験をされている方も少なくないことと思います。アルコールの過剰摂取は肝機能に大きな負担がかかり機能低下そしてエネルギー不足となり脳への供給が通常通り行えずに頭がすっきりしなく身体が重くて気だるいといった症状を表します。

このメカニズムは2日酔いだけに限らず疲労が体内にたまってくると同様の症状を引き起こします。このような場合の原因として肝機能低下も要因となっている可能性があることを覚えておきましょう。

肝機能が低下した際にオルニチンが有効といわれています。血液に溶け込み体内を循環する遊離アミノ酸の一種で人間の身体に備わっている成分でもあります。なかでも肝臓での働きが優れているのです。

また疲労回復効果へと繋がる作用としてエネルギーを生産するミトコンドリアの働きを活発にする作用があり、ミトコンドリアが活発になることで身体は元気を取り戻します。

↑ PAGE TOP