しじみの意外な効果⁉

Home

しじみと肝臓

しじみの中に入っている栄養素のひとつ、オルニチンは肝臓で活躍するアミノ酸です。血液に溶け込んだ状態で体内を巡り、肝臓や腎臓、筋肉などに移行することが知られています。

オルニチンは肝臓の細胞内でアンモニアを分解する代謝の助けをする成分です。これでアンモニアは無毒な尿素に変換されます。そしてオルニチンは尿素を産生した後、肝臓で再生されます。オルニチンはオルニチンサイクルを活発にすることでミトコンドリアの働きを助け、肝臓全体の機能を助けていると考えられています。

太りすぎると脂肪肝になります。これも肝臓を疲労させる原因の一つです。食べ過ぎやアルコールの過剰摂取などでも肝臓が疲れます。

しかし肝臓自体は沈黙の臓器といわれていて、疲れたとは思わないのですが、肝臓の機能低下が全身の疲労に直結していることは間違いないのです。お酒を飲んだ翌日はだるさや眠気など疲れがでることが多いと思いますが、これは肝臓が作り出す脳のエネルギー不足により起こるとされています。

脳のエネルギーは糖とケトン体ですが、これはどちらも肝臓でつくられるものです。アルコールを摂取することで、肝臓にNADHが増加します。これはミトコンドリアの働きを悪くし、糖やケトン体をつくりだす働きを妨げます。アルコール性の疲労は肝臓の働きに悪影響を及ぼして、脳へエネルギーを供給できなくするために起こるのです。全身の司令塔である脳ですがその疲労感を左右するのは実は肝臓だったのです。

↑ PAGE TOP